茨城大学競技麻雀部 

活動時競技ルール

1.東南戦。25000点持ち30000点返し。順位点は1-2。
2.常時1翻縛り。トビあり。喰断・後付けあり。
3.切り上げ満貫あり。ダブロンあり。積み棒は頭ハネとする。
4.裏ドラ、槓ドラ、槓裏ドラあり。赤ドラあり。
5.喰い替えなし。さらし間違いを含め、打牌完了時に和了放棄。
6.親の聴牌で連荘。九種九牌、三家和、複数家による四開槓は流局し、連荘とする。
7.四風連打は親流れとする。
8.四家立直は流局せず、続行する。
9.積み場は場に300点。ノーテン罰符は3000点とする。
10.流し満貫あり。
11.チョンボは満貫払い(子8000点・親12000点)。ノーゲーム扱いとする。
【誤ロン・誤ツモの倒牌、過度の牌崩し等】
12.ロンとツモの誤発声・多牌・小牌・正当でないツモは1000点供託と和了放棄。
13.空チー、空ポン、空カン、打牌の呼称は1000点供託とする。
14.連風牌の対子は2符。
15.役満【大三元、四喜和、四槓子】を確定させた人には包(パオ)を適用する。
16.緑一色は發なしでも可、九蓮宝燈は萬子でなくても、純正でなくても可とする。
17.数え役満あり。役満の複合はあり。ダブル役満はなし(四暗刻単騎等)
18.国士無双の暗槓による和了可。
19.人和は5翻とし、他の役との複合を認める。
20.オーラスのトップ親は、聴牌は連荘、トップ確定の和了は和了やめとする。
21.最終局が流局した場合、供託は全てトップ取りとする。